直傳靈氣 

 

   靈氣療法とは正式名称は、心身改善臼井靈氣療法です。

  1922(大正11)年肇祖臼井甕男によって開発された、

  手当てによる癒しの技術です。

 

 

 

宇宙(太陽)からの靈氣療法(ヒーリング)を簡単に言いますと、

宇宙(太陽)からの靈氣(エネルギー)を受け取り、施術者(ヒーラー)が自分の身体を通して

増幅し患者に与える作業です。
未知なるエネルギーによって患者自身の持つ自然治癒力を目覚めさせる。
そのために手を当てたり、かざしたりするのです。

 

現在、日本に伝わっているレイキは、99.9%が西洋レイキです。いわゆる逆輸入です。

直傳靈氣は、昭和13年に海外レイキの祖林忠次郎直伝で霊気療法を学び、60年以上もの間、霊気療法を実践し、

現在も施術、霊授を実施している日本生まれ、日本育ちの心身改善臼井霊気療法です。

 

 

 

祖母への靈氣ヒーリングの記事はこちらです

 

 


直伝霊氣メニュー


⭐︎ 遠隔直伝靈氣 (メールまたは電話)

 

1回20分

 

1日コース  2000円

3日コース  5000円

7日コース 10000円

 

身体の状態をお尋ねします。その後、遠隔で確認します。必要な部位に必要なだけ靈氣を送ります。

終了メールを送ります。その際に靈氣を送った部位、気になった箇所をお伝えいたします。

 


⭐︎オプション

 

ブロック解除 3個 2000円


こんな人におすすめします


疲れている・眠れない・病気・風邪をひいている・手術をする・夜泣きなど。全ての方におすすめします。

 

体験談1

 

「赤ちゃんの夜泣きでお悩みの30代主婦」

 

赤ちゃんへの遠隔霊気。

症状は30分ごとに夜泣きが数日間続いているので、病院へ。

どこも悪いところがありませんでした。

 

遠隔1回コース希望

 

赤ちゃんへ20分遠隔霊気

赤ちゃんへエネルギーの補充。

 

お母さんが抱えている不安が赤ちゃんに伝わっていました。

また、お母さんを守るべくエネルギー消耗。

 

お母さんの不安を解消することで、赤ちゃんは安心します。

 

オプション追加 お母さんのブロック解除。

 

施術後

翌日、夜泣きあり。

二日目から夜泣きしなくなりました。

お母さんの不安解消。

 

 

 


体験談2

 

「今月、2回目の発熱と風邪」20代主婦

 

2歳の娘さんの熱がなかなか下がらない。

 

遠隔1回コース希望

 

娘さんへ20分遠隔霊気

喉と肺に重点に送る。気管支炎が気になる。

水分が必要。好きなフルーツから水分を取りたい。ことを伝える。

 

 

霊気追加

 

翌日の朝に遠隔1回

胃腸と背中に重点に20分遠隔霊気。

 

施術後

お母さんより

その日に熱が下がった報告あり。

1回目と同じく咳がひどい状態だったこと。

前回も気管支炎だったこと事後報告あり。

 

家族がうまくいっていないことを、娘さんが背負っていることを

伝えたところ。

旦那さんに嫌悪感がある。お父さんと喧嘩しているとのこと。

円満に解決することが元気になる糸口です。

子どもはお母さんの感情をいち早く察知していますね。

 

マインドブロックバスターの方なので、ご自身でブロック解除。

 


体験談3

 

「胃癌の手術」父へ 40代主婦

 

お父さんの手術があるので

 

遠隔3回コース希望

 

手術前日 喉・胃を重点的に20分

手術中  喉・食道・胃・腸・足の裏30分

術後   喉・胃・背中20分

 

喉の渇きが気になりました。

 

5時間にも及ぶ大手術。

無事に終わったこと、報告ありました。


心に虹をかける          Aloha-noah


mail: maopopo1909@gmail.com

Tel: (080) 3421 0108